1. HOME
  2. 法人紹介:行動計画

法人紹介:行動計画

社会福祉法人福寿会 行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間 平成28年4月1日~平成30年3月31日までの2年間

内  容


1.雇用環境の整備に関する項目


(1)育児をする労働者等の職業生活と家庭生活の両立支援の整備


目標1:妊娠中の女性職員の母性健康管理についての就業規則や育児休業規程を抜粋し、職員に配布して制度の周知を図る。
≪対策≫
◎引き続き新人研修に制度に関する就業規則等について研修を行う。
◎制度についてグループウェア等により職員への周知を図る。


目標2:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備。
≪対策≫
◎ 育児休業中の職業能力の維持、向上のためのプログラムを導入。


目標3:出産や子育てによる退職者を再雇用。
≪対策≫
◎引き続き対象の退職者があった場合、退職手続き後事務員より再度説明する。



(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備


目標4:ノー残業デー等の導入・拡充や企業内の意識啓発等による所定外労働の削減
≪対策≫
◎引き続き曜日を決め、ノー残業デーを導入し企業内で所定外労働の削減をする。
◎管理職を対象とした意識改革の研修及び従業員への周知徹底を図る。


目標5:年次有給休暇の取得促進
≪対策≫
◎引き続き年次有給休暇取得の実態把握。
◎計画的な取得に向けた管理職研修の実施。



2.1以外の次世代育成支援対策に関する事項


目標6:仕事と子育てを両立するために、家族の理解を得ることを目的とし職員の児童を招待。
≪対策≫
◎引き続き施設の行事(夕涼み会等)に職員の児童を対象に招待状を送付する。

次世代・女性活躍推進法一体型