1. HOME
  2. 施設・事業紹介
  3. きららショートステイ(短期入所生活介護)

南砺市城端地域

きららショートステイ(短期入所生活介護)

施設案内

要支援1~要介護5の認定を受けられた方に、介護しておられる家族の方が病気や事故、冠婚葬祭や旅行のため介護できなくなった場合、短期間ホームで施設介護同様のご支援をいたします。

当施設が提供するサービスおよび見学についてのご相談窓口

  • 電話:0763-62-2323
  • 年末年始を除く月曜日~土曜日  午前8:30~午後5:00
  • 担当:生活相談員 施設介護支援専門員

※ご不明な点は、何でもお尋ね下さい。

当施設の概要

(1) 目的

  • 当施設は、居宅サービス計画に基づき、ご利用者がその有する能力に応じて可能な限り自立した在宅生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図ることを目的とします。

(2) 運営方針

  1. 利用者の意思及び人格を尊重し、常にその立場に立ってサービスを提供するように努めます。
  2. 明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭の結びつきを重視して運営することに努めます。
  3. 市町村、居宅介護支援事業所、居宅サービス事業者等の保健医療サービスや福祉サービスとの密接な連携に努めます。

(3) 基本方針

  1. 人権を尊重し、人間性、自主独立心を養うよう、助長支援に努めます。
  2. 心身の健康保持向上に努め、明るく清潔な環境づくりに努めます。
  3. 施設をご利用者の社会生活の場として位置づけ、安全で安心した日常生活が享受できる環境づくりに努めます。
  4. 職員は、職務に対し誠心誠意尽くすと共に、地域社会に積極的に参加し、常に自己研鑽と人格向上に励み、地域から求められる施設運営に努めます。

(4) 提供できるサービスの種類

施設名称 指定短期入所生活介護(指定介護予防短期入所生活介護)
「特別養護老人ホームきらら」
※当事業者は特別養護老人ホームきららに併設されています。
所在地 富山県南砺市理休247-1
サービスの種類 短期入所生活介護     平成26年4月1日指定 富山県指令高第671号
介護予防短期入所生活介護 平成26年4月1日指定 富山県指令高第688号

(5) 設備の概要

    室 数 定 員 備 考
居室 個室 10室   10人      従来型個室
2人室 5室   10人      多床室
合 計 15室   定員 20人      
浴室 家庭浴槽、一般浴槽、車いす特殊浴槽、昇降電動式特殊浴槽を設置
静養室 1室
医務室 1室
食堂兼娯楽室 1室
機能訓練室(兼) 1室

(6) 当施設の職員体制

職名 業務内容 配置数 配置基準
施設長(管理者) 施設全体の管理監督 1名兼務 1名
医師(嘱託) 診察、健康管理 1名兼務 1名
介護支援専門員 短期入所サービス計画の作成 1名兼務  
生活相談員 生活相談、連絡調整 1名兼務 1名
介護職員 日常生活介護全般 7名以上 6名
看護職員 健康管理 1名兼務 1名
機能訓練指導員 機能訓練 1名兼務 1名
管理栄養士・栄養士 献立作成 1名兼務 1名
調理員 調理全般 1名兼務  
事務員 庶務、会計、その他 1名兼務  

※指定介護老人福祉施設「特別養護老人ホームきらら」との一体的運営を行っています。

事業実施地域及び営業時間

(1) 通常の事業の実施地域は南砺市(旧城端町区域)とします。

   ※通常実施地域外からのご利用を拒むものではありません。

(2) 営業日及び営業時間

営 業 日 年中無休
サービス提供時間 24時間
送 迎 月曜日~土曜日に実施
ただし、12月29日~1月3日は行っていません。
窓口受付時間 8:30~17:00

サービスの内容と利用料金

  1. 当施設ではご契約者に対して下記のサービスを提供いたします。
  2. 利用料金については別表-1、別表-2をご確認下さい。
  3. 支給限度基準額を超えたサービスを利用した場合、超えた分は全額自己負担となります。
項 目 サービス内容
施設サービス計画の立案
  1. 相当期間(概ね4日以上、または定期的)利用のご契約者を対象に個々の状態に応じた計画を立案します。
食事
  1. 栄養士の立てる献立表により、栄養と利用者の身体状況に配慮したバラエティに富んだ食事を提供いたします。
  2. 食事時間
     朝食  7:30~ 9:30
     昼食 11:30~13:30
     夕食 17:30~19:30
     離床し食堂で食事をとっていただくことを基本としています。
排泄
  1. 利用者の状況に応じて適切な排泄介助をおこなうと共に、排泄の自立についても適切な支援をおこないます。
入浴
  1. 年間を通じて、週2回以上の入浴または清拭をおこないます。
  2. 寝たきりなどで座位のとれない方は、入浴機器を用いての入浴も可能です。
生活介護
  1. 寝たきり防止のため、できる限り離床に配慮します。
  2. 生活のリズムを考え、食事や排泄等をおこなうよう配慮します。
  3. 個人としての尊厳に配慮し、適切な整容がおこなわれるよう支援します。
  4. 清潔な寝具を提供します。
  5. シーツ、枕カバー、包布交換は、週1回おこないます。ただし、必要な場合はその都度交換いたします。
健康管理
  1. 血圧、検温などの健康チェック
  2. 嘱託医師、看護職員により健康管理に努めます。
  3. 医療の必要性の判断は、嘱託医師または協力医療機関の医師がおこないます。
  4. 医療が必要と判断された場合は、速やかに医療機関に通院もしくは入院していただきます。この場合は、利用者またはご家族の責任のもとで判断していただきます。
  5. 緊急など必要な場合には、利用者またはご家族の判断のもとで医療機関などに責任を持って引き継ぎます。
機能訓練・生活リハビリ
  1. 機能訓練指導員・介護職員・看護職員等が共働し、利用者の状況に適合した機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するよう努めます。
  2. 手芸、貼り絵など生活リハビリを取り入れ、心理的機能低下を防止するよう努めます。
生活相談
  1. 利用者およびご家族からの相談について、誠意を持って応じ、可能な限り必要な支援をおこなうよう努めます。
    (相談窓口)生活相談員
生きがい活動
  1. 施設での生活を実りあるものとするため、適宜レクリエーションを企画します。
所持品保管
  1. 若干の身の回り品については、居室に備え付けの収納庫にてお預りします。
理髪サービス
  1. 当事業所と契約を交わしている理髪業者の出張サービスにより行います。
    (希望者のみ、自費サービス)
送迎
  1. 当事業所の送迎車で送迎いたします。ご家族での送迎も可能です。
  2. 通常の営業実施地域(旧城端地域)外の場合、別に負担が発生する場合があります。

サービスの利用方法

  1. 居宅サービス計画の作成を居宅介護支援事業所の介護支援専門員に依頼している場合は、まず、介護支援専門員にご相談下さい。
  2. 利用が可能となった場合、居宅介護支援事業所の介護支援専門員に依頼して居宅サービス計画を作成する必要があります。
  3. 当施設とご利用者とで契約を結び、サービスを開始します。

利用契約の手続き

(1)必要な書類など

  1. 介護保険被保険者証
  2. 介護保険負担割合証
  3. 健康保険被保険者証
  4. 諸制度手帳
  5. 諸制度医療証

(2)その他ご準備いただくもの

  1. 印鑑
  2. 衣類、身のまわり品など

施設サービスが提供できない場合

  1. 入院して医療・治療が必要と判断された場合
  2. 施設として適切なサービスを提供することが困難な場合

介護保険対象サービス料金(居住費、食費を含む基本部分)別表-1

  介護予防短期入所 短 期 入 所
  算定項目 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1.サービス利用に係る 自己負担額 個室 433円 538円 579円 646円 714円 781円 846円
多床室 438円 539円 599円 666円 734円 801円 866円
2.食費に係る自己負担額(保険外)負担段階別 第1段階  300円
第2段階  390円
第3段階  650円
上記以外の方 1,380円
3.滞在費に係る自己負担額(保険外)負担段階別 第1段階 (従来型個室) 320円   (多床室)  0円
第2段階

(従来型個室) 420円  (多床室) 370円

第3段階 (従来型個室) 820円  (多床室) 370円
上記以外の方 (従来型個室)1,150円  (多床室) 840円
4.自己負担合計(1+2+3)従来型個室負担段階別 第1段階 1,053円 1,158円 1,199円 1,266円 1,334円 1,401円 1,466円
第2段階 1,243円 1,348円 1,389円 1,456円 1,524円 1,591円 1,656円
第3段階 1,903円 2,008円 2,049円 2,116円 2,184円 2,251円 2,316円
上記以外の方 2,963円 3,068円 3,109円 3,176円 3,244円 3,311円 3,376円
5.自己負担合計(1+2+3)多床室負担段階別 第1段階 738円 839円 899円 966円 1,034円 1,101円 1,166円
第2段階 1,198円 1,299円 1,359円 1,426円 1,494円 1,561円 1,626円
第3段階 1,458円 1,559円 1,619円 1,686円 1,754円 1,821円 1,886円
上記以外の方 2,658円 2,759円 2,819円 2,886円 2,954円 3,021円 3,086円

介護保険対象サービス料金(加算部分)別表-2

【短期入所生活介護】

加算略称 単位(円) 備   考
サービス提供体強化加算(Ⅰ)イ   180 介護職員のうち介護福祉士の資格保有者が一定割合(60%)以上勤務している。
夜勤職員配置加算(Ⅰ) 130 夜間、早朝に基準を上回る職員の配置を行なう。併設事業所の場合は本体施設と一体の人員配置を評価する。
看護体制加算(Ⅰ) 40 短期入所生活介護事業所に常勤の看護師を1名配置を行なう。
看護体制加算(Ⅱ) 80 本体施設(介護老人福祉施設)の看護職員を含め手厚い配置を行なう。
送迎加算 1,840 施設により送迎を行なった場合に片道毎に算定する。(城端地域外で5㎞以上の場合は距離に応じて介護報酬外負担あり)
若年性認知症利用者受入加算 1,200 64歳以下の若年性認知症利用者に対して個別に担当者を定め特性、ニーズに対応する。(加算対象者限定)
医療連携強化加算 580 急変の予測や早期発見等のために看護職員による定期的な巡視や主治医と連絡が取れない場合に等における取り決めを事前に行っている場合。
療養食加算 230 医師の食事せんをもとに療養食の献立表が作成され療養食を提供した場合。(加算対象者限定)
緊急短期入所受入加算 900 居宅サービス計画に位置づけられていない短期入所生活介護を緊急に行った場合。(上限7日間、家族の疾病等やむを得ない事情の場合は14日間)
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数の5.9%    介護人材を確保して、適切なサービスの質を保つためのもの。

【介護予防短期入所生活介護】

加算略称 単位(円) 備   考

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

120 介護職員のうち介護福祉士の資格保有者が一定割合(50%)以上勤務している。
送迎加算 1,840 施設により送迎を行なった場合に片道毎に算定する。(城端地域外で5㎞以上の場合は距離に応じて介護報酬外負担あり)
若年性認知症利用者受入加算 1,200 64歳以下の若年性認知症利用者に対して個別に担当者を定め特性、ニーズに対応する。(加算対象者限定)
療養食加算 230 医師の食事せんをもとに療養食の献立表が作成され療養食を提供した場合。(加算対象者限定)
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数の5.9% 介護人材を確保して、適切なサービスの質を保つためのもの。

※事業所の体制変更、利用者の身体状況の変化等により加算内容が変更される場合があります。